Die Welt wird ungleicher: Gründe und Auswege

19. November 2012 Andreas Sator 46 Comments

In den letzten 30 Jahren hat die Ungleichheit in den USA ein bedenkliches Ausmaß angenommen. Zu diesem Schluss kommt das britische Wochenmagazin The Economist. Die wirtschaftsliberale Zeitschrift hat den Gründen und Auswirkungen im vergangenen Oktober ein 24-seitiges Spezial gewidmet. Dabei werden nicht nur die USA betrachtet, sondern auch Lateinamerika, Asien oder Schweden. Das las sich so interessant, dass ich hier eine Zusammenfassung der für mich spannendsten Argumente wiedergeben möchte.

Achtung: Ab hier stammen die Inhalte komplett aus dem Economist. Aus Gründen der Leserlichkeit spare ich mir sowohl Zitate als auch den Konjunktiv. Die Titel der Artikel sind verlinkt. Bei Interesse können sie also selbst gelesen werden (ohne Abo kann man aber nur 5 pro Woche lesen).

For richer, for poorer

Seit 1980 hat sich der Anteil des Einkommens der Top 1% in den USA von 10 auf 20% verdoppelt. Das am besten verdienenste Prozent dieses Prozentes hat seinen Anteil sogar verfünffacht, von 1 auf 5% und verdient im Schnitt 24 Millionen Dollar.

Der Gini-Koeffizient von 0 bis 1 (1, einer verdient alles, 0, alle gleich viel) ist in dieser Zeit um 30 % gestiegen (auf 0.39). In Schweden ist er in dieser Zeit um ein Viertel gestiegen (auf 0.24), in China gleich um die Hälfte (auf 0.42). Einzig Lateinamerika stemmt sich gegen diesen Trend, dort ist in den letzten zehn Jahren die Einkommensungleichheit zurückgegangen.

Die globale Ungleichheit, also der Gini-Koeffizient zwischen den Ländern, fällt hingegen. Die armen Länder holen auf, die reichen Länder kämpfen mit ihren Wachstumsraten.

Quelle: The Economist

 

Die “U”-förmige Kuznets-Kurve schien sich bis 1980 empirisch zu bestätigen. Sie sagt aus, dass mit steigender Prosperität zuerst einmal die Ungleichheit zunimmt, mit der Zeit aber dann wieder abnimmt. Faktisch scheint sie “N”-Förmig zu verlaufen: Die Ungleichheit nimmt zu, ab und dann wieder zu (in den entwickelten Ländern eben seit etwa 30 Jahren).

As you were

Vor der Industriellen Revolution war das Einkommen pro Kopf in den 10 reichsten Ländern nur 6x so hoch wie das der 10 ärmsten. Die globale Ungleichheit war also gering. Dafür war sie in den einzelnen Ländern viel höher, es gab kaum soziale Mobilität und eine konstante elitäre Schicht. Als einzige Ausnahme gelten die 13 Kolonien Nordamerikas zur Zeit der amerikanischen Revolution, dort war das Einkommen gleicher verteilt als quasi überall sonst.

Die Industrielle Revolution trieb den Gini-Koeffizienten nach oben, aus globaler und nationaler Sicht. So stieg er in England etwa von 0.4 1823 auf 0.63 1871. In den meisten Ländern ist der Anteil der Top 1% am Einkommen ab den 20ern bis in die späten 70er des 20. Jahrhunderts dann aber gesunken. Ende des 19. Jahrhunderts entwickelten sich erste Vorboten moderner Sozialsysteme, die USA investieren in den 1920ern massiv in öffentliche Schulen und Massenbildung. So war der Gini-Koeffizient der USA Mitte der 70er bei 0.3 (Schweden lag zu dieser Zeit bei 0.2).

Die globale Ungleichheit ist aber drastisch gestiegen, so waren in den 1970ern die 10 reichsten Länder 40x reicher als die 10 ärmsten.

The rich and the rest

Mit der zunehmenden Computerisierung ist seit den 1980ern die Nachfrage nach gut ausgebildeten Arbeitern gestiegen, die nach weniger gut ausgebildeten gefallen. Dadurch haben sich die relativen Einkommen dieser beiden Gruppen auseinander entwickelt.

Die weniger gut ausgebildeten Menschen haben ihre Qualifikationen dem technischen Fortschritt nicht anpassen können. Dafür sind vor allem zwei Dinge verantwortlich: Die steigenden Kosten für Universitätsausbildung und Unzulänglichkeiten im amerikanischen Schulsystem. In den 70ern haben die jährlichen Studiengebühren für eine öffentliche Uni 4% eines durchschnittlichen Haushaltseinkommens verschluckt, heute sind es 10%. Der Preis privater Unis hat sich ebenso mehr als verdoppelt: von 20% auf 45%.

In den USA werden Schulen vor allem lokal finanziert. Reichere Regionen leisten sich bessere Schulen. Das fördert die Ungleichheit. Fast einzigartig unter reichen Ländern: In der Gruppe der 25- bis 34-jährigen ist ein Universitätsabschluss heute unwahrscheinlicher als eine Generation zuvor.

CEOs verdienen heute 140% mehr als die zwei nächsten in der Unternehmenshierarchie. Zu Beginn der 80er waren das nur 40%. Dafür dürfte sich aber die Globalisierung und durch den größeren Markt auch größer werdende Unternehmen verantwortlich zeigen. Unter den reichsten Amerikanern sind sowieso mehr Unternehmer wie Bill Gates oder Mark Zuckerberg als Geschäftsführer. Ein unverhältnismäßig (“disproportionate”) großer und wachsender Anteil sind auch Leute die ihr Geld an der Wall Street verdienen. In den Top 0.1% sind mehr Investmentbanker als Geschäftsführer. Amerikas Top 25 Hedgefondsmanager machen mehr Geld als die CEOs aller S&P500-Unternehmen zusammen.

Eine Studie meint, dass etwa ein Drittel bis die Hälfte der “Überbezahlung” an der Wall Street ungerechtfertigt ist (also nicht Produktivität sondern Monopolrenten wiederspiegelt). Dafür ist sowohl die implizite too-big-to-fail-Garantie (kommt jährlich auf etwa $30 Milliarden) als auch Lobbyismus (auf jeden Kongressabgeordneten kommen vier Lobbyisten der Finanzbranche) verantwortlich. Auch die auf 15% gesunkene Kapitalertragssteuer trägt ihren Teil zur steigenden Ungleichheit bei.

Amerikas steigende Ungleichheit hat auch politische Wurzeln. Seit einem Urteil des Supreme Courts 2010 können private Geldgeber und Unternehmer ohne Einschränkungen so viel Geld wie sie möchten an politische Bewegungen spenden. Das hat den Weg für die heutigen Super-PACs geebnet. Eine Analyse legt nahe: 80% der Gelder kommen von weniger als 200 Spendern. Es ist schwer zu glauben, dass diese Gelder keinen politischen Einfluss mit sich bringen.

Makers and takers

Im Gegenteil zu den meisten anderen reichen Ländern kommt ein größerer Teil der amerikanischen Steuereinnahmen aus progressiven Einkommenssteuern als aus regressiven Einkommenssteuern. Die vielen Schlupflöcher machen das Steuersystem aber weniger regressiv als es sein könnte.

Eine Studie zeigt, dass der Anteil des reichsten Prozent auf 21.6% der Steuereinnahmen fällt, wenn man alle Steuern einbezieht. Dieser Satz liegt nahe an ihrem Einkommen vor Steuern. Das ärmste Fünftel zahlt 2.1% der Steuern, das ist nicht recht viel niedriger als das entsprechende Einkommen vor Steuern. Das amerikanische Steuersystem teilt also so gut wie gar nicht um.

Ausnahmen im Steuersystem machen etwa $1.3 Billionen aus, das sind 8% des BIP. Die Ausnahmen umfassen etwa auch Zinszahlungen für Hypotheken bis zu einer Million Dollar. Die meisten Ausnahmen haben sich die Reichen erkämpft. Mehr als 6 von 10 Ausnahmen gehen an die Top 20%. Das untere Fünftel hingegen kommt auf nur 3% der Ausnahmen. “Successful professionals do not see themselves as beneficiaries of government largesse, but the government in effect subsidises their big houses, expensive health care and retirement savings.”

Die USA geben vier Mal so viel dafür aus, Häuser der reichsten 20% zu subventionieren, als sozialen Wohnbau für die unteren 20%. In Summe gibt der Staat für das obere Fünftel mehr aus als für das untere Fünftel (tax expenditure + entitlements also v.a. Pensionen).

Crony tigers, divided dragons

In China gibt es keine offiziellen Statistiken zur Verteilung des Einkommens. Eine Studie legt aber nahe, dass sie seit 1978 von 0.3 auf mehr als 0.48 gestiegen ist. Damit entwickelt sich China anders als etwa Japan, Südkorea, Hongkong oder Taiwan, die hohe Wachstumsraten mit abnehmender Ungleichheit verbinden konnten. Auch Indiens und Indonesiens Gini ist in den letzten Jahren stark gestiegen.

Daran schuld ist sicher auch die Globalisierung, die überall auf der Welt die gut Ausgebildeten den Großteil des Kuchens überlässt. Mitschuldig ist aber auch die Politik. Die enge Verbindung von Staat und Wirtschaft führt zu Günstlingswirtschaft. Indien hat etwa im Vergleich zur Größe der Wirtschaft die zweitmeisten Milliardäre nach Russland. Dort sind weiter mehr als 90% der Menschen informell beschäftigt.

Ungleichheit in China hängt noch immer mit dem alten System der Haushaltsregistrierung zusammen. Früher wurde so versichert, dass die Bauern nicht alle in die Städte ziehen, um die chinesischen Pläne der nachholenden Industrialisierung nicht zu gefährden. Heute gibt es das so nicht mehr, Einschränkungen für die (ehemalige) Landbevölkerung gibt es aber trotzdem noch. Das trägt zur steigenden Ungleichheit zwischen Stadt und Land bei.

Die Politik in vielen asiatischen Ländern versucht in den letzten Jahren, das Problem Ungleichheit anzugehen. In China hat mittlerweile fast jeder eine Krankenversicherung, der Mindestlohn ist im letzten Jahr im Schnitt um 17% gestiegen.  Eine chinesische Forschungsinstitution meint, dass die wachsende Ungleichheit die Wachstumsaussichten schwächt. Geht es mit der Günstlingswirtschaft so weiter, könnten sich die dynamischen, asiatischen Volkswirtschaften bald in starre Oligarchien wandeln.

Gini back in the bottle 

In den meisten Ländern Südamerikas ist zwischen 2000 und 2010 der Gini-Koeffizient zurückgegangen. Im Schnitt von 0.54 auf 0.5. Während Lateinamerikas Wirtschaft in den letzten 10 Jahren nur halb so schnell gewachsen ist wie der Schnitt der Schwellenländer, ist die Armutsrate um 30% gefallen. Etwa ein Drittel dieses Effekts ist auf Verbesserungen in der Einkommensverteilung zurückzuführen.

Ein weiterer Grund ist die progressivere Verteilung der Bildungsausgaben. Ist früher das meiste Geld in Universitäten geflossen und hat so den sowieso schon privilegierten geholfen, floss in den letzten Jahren viel in die unteren Schulstufen.

Sweden: The new model

Schweden, das gleichste Land der Welt, wird ungleicher. Der Gini-Koeffizient beträgt 0.24 (Schnitt weltweit: 0.31) und ist damit ein Viertel höher als noch eine Generation zuvor. Ohne Umverteilung steht Schweden bei 0.37. Die Einkommen am Markt sind damit ungleicher verteilt als etwa in der Schweiz.

In den letzten zwei Jahrzehnten hat Schweden viele Sozialleistungen gekürzt und gestrichen und gleichzeitig die Steuern gesenkt. Öffentliche Leistungen gibt es weiterhin in üppigem Ausmaß. Man gibt sich Mühe, diese so effizient wie möglich zu betreiben. Schulen sind autonom, in Gesundheitssystem wird “Public Management” (betriebswirtschaftliche Methoden) immer beliebter.

Having your cake

Mehr Gleichheit gibt es nur auf Kosten von Effizienz. So zumindest der weit verbreitete Glaube. Manchmal ist aber genau das Gegenteil der Fall: Ungleichheit hindert Wachstum und so Effizienz. In Ländern mit wenigen öffentlichen Leistungen und dezentral finanzierter Bildung führt Einkommensungleichheit auch zu Chancenungleichheit.

Eine Studie legt nahe, dass in Ländern mit höherer Ungleichheit die soziale Mobilität zwischen den Generationen niedrigerer ist. In nachfolgender Grafik wird das verdeutlicht.

Quelle: The Economist

 

Schweden zeigt, dass es nicht so sein muss. Finanziert man öffentliche Leistungen progressiv und bietet sie in großem Ausmaß an, muss auch mit steigender Einkommensungleichheit die Chancengleichheit nicht zurückgehen.

Policy prescriptions: A True Progressivism

Zum Schluss leitet der Economist aus seiner Analyse Empfehlungen für die Politik ab. Sie müsse die Günstlingswirtschaft und Privilegien bekämpfen und für mehr Wettbewerb sorgen. Weiters sind progressiv finanzierte Sozialausgaben wichtig, die aber gezielt für ärmere ausgegeben werden müssen. In vielen Schwellenländern wird mit der Gießkanne über Bereiche wie Energie subventioniert.

Vor allem die USA muss mehr für schlecht ausgebildete Menschen ausgeben. Höhere Steuern auf Eigentum sind genauso wie kluge Erbschaftssteuern Möglichkeiten, für eine Gesellschaft mit fairer verteilten Chancen.

Titelbild © Ich-und-Du / PIXELIO

Andreas Sator

Hat zuwi.at gegründet und studiert in Wien. Mehr von ihm gibt es laufend auf Twitter (folgen) und in ausführlicherer Form auf Facebook (abonnieren).


TwitterFacebook

Arm, gerecht, Gini, Politik, Reich, Schweden, sozial, Ungleichheit, USA Wachstum

46 Comments → “Die Welt wird ungleicher: Gründe und Auswege”

  1. Katha 5 years ago  

    Danke für die Zusammenfassung! War interessant zu lesen.

  2. Christian 5 years ago  

    Sehr interessant, aver dieser Stz scheint mit nicht sehr schlüssig: “Im Gegenteil zu den meisten anderen reichen Ländern kommt ein größerer Teil der amerikanischen Steuereinnahmen aus progressiven Einkommenssteuern als aus regressiven Einkommenssteuern. Die vielen Schlupflöcher machen das Steuersystem aber weniger regressiv als es sein könnte.” Ich dachte progressiv sei erstrebenswert.

  3. Christian 5 years ago  

    “ist die Armutsrate um 30% gefallen. Etwa ein Drittel dieses Effekts ist auf Verbesserungen in der Einkommensverteilung zurückzuführen.” Wenn das Einkommen gesamthaft in der Bevölkerung sinkt, sinkt aufgrund der relativen Definition auch die Armut. Ist das nur statistisch oder auch real?

  4. Christian 5 years ago  

    Sry, für die vielen Kommentare: ” Höhere Steuern auf Eigentum sind genauso wie kluge Erbschaftssteuern Möglichkeiten, für eine Gesellschaft mit fairer verteilten Chancen.”

    Vor allem kommt es auf die Verwendung dieser Mittel an. In GB werden viele der vermögensbezogenen Steuern für Sachen, für die bei uns Gebühren nach Verbrauch, wie etwa Müll, verwendet. Das sich das im Gini nicht auswirkt, dürfte wohl klar sein.

  5. Christian 5 years ago  

    “kluge Erbschaftssteuern”
    Bei Vermögenssteuern sehe ich noch Potential (vor allem auf AT bezogen), aber Erbschaftssteuern sind zu leicht zu umgehen, zu gering im Ertrag, zu schwierig in der Erhebung, fallen zu unregelmässig an, haben quasi keinen Umverteilungscharakter. In Deutschland bezeichnen Vermögensberater die deutsche Erbschaftssteuer als reine Deppensteuer. Niemand zahlt diese.
    Vermögenssteuern sind anders, und können, abgesehen vom SPÖ-Modell auch klug ausgestaltet werden. Nur müsste in der SPÖ sich auch jemand trauen zu sagen, welche Auswirkungen die Einführung einer solchen Steuer hat. Und da fehlt es im Moment. Zudem wäre sie, könnte eine solche Debatte über ein konkretes Gesetz weniger emotional und mehr sachlich in AT geführt werden, gutes Thema einer Volksabstimmung (selbstverständlich verbindlich).

  6. bi 4 years ago  

    L’ensemble de ces post sont visiblement fascinants

  7. Incroyable post : pérennisez de cette manière

  8. traînée rousse 4 years ago  

    Puis-je vous prendre deux-trois phrases sur mon site ?

  9. peau Noire 4 years ago  

    L’intégralité de ces posts sont visiblement captivants

  10. Christoph Prüm 4 years ago  

    Hallo Christian,

    “Vor allem kommt es auf die Verwendung dieser Mittel an…”

    das finde ich auch ist die entscheidende Frage, die wir allerdings etwas anders beantworten als Du. Wir halten einen Ausgleich unter den jungen Leuten für gerecht. Das Abgeschöpfte sollte zu denen gelangen, die sonst nichts erben werden. Dann wären das keine echten Steuern mehr die Vermögens- oder Erbschaftssteuer weil sie ja nicht in den Staatshaushalt gelangen. Mehr auf der Webseite.

    Gruß, Christoph

  11. www.ibotube.com 10 months ago  

    Whats up! Exceptional blog post! I prefer
    how well you described Die Welt wird ungleicher: Gründe und Auswege .
    To conclude I’ve have found nice short post on Die Welt wird ungleicher: Gründe und Auswege !
    Occasions look are gone for good now. Several, researcher!
    You’ve done a high-quality project.
    Few people are able to scribble as well as the author of
    such a web page. A number of us battle using article writing .

    Even though, a lot of, it’s of the issue good of this internet business http://www.ibotube.com.
    This is a shopping guide group which actually foremost performance might be to
    measure creating providers and consider the standard a few

  12. esponja konjac primor 9 months ago  

    I’m impressеd, I have to admit. Ꮢarеly do I come across ɑ blog that’s both equally еducative and amusing,
    and without a doubt, you have hit the nail on the
    һead. The issue is something that not enough people are speaking intelligently aboսt.

    Iam very happy thnat I stumbled across this during my search for something conceгning
    thiѕ.

  13. esponja konjac bodybell 8 months ago  

    Ιtѕs suсh as you read my mind! Υou seem too understand a lot approхimately this, such as you wrote the e-book in iit or
    something. I bеlieve that you can do with soe percent to power the messagе house a little bit, however instеad of
    that, that is great blog. A great read. I wսll definitely be back.

  14. As sementes podem estar em conserva, fritos por outra forma cozidos.

  15. bravo.lib.latrobe.edu.au 8 months ago  

    2. Impotência e distúrbio erétil são a mesma
    coisa?

  16. Hi there very cool website!! Man .. Beautiful ..
    Wonderful .. I’ll bookmark your site and take the feeds additionally?
    I’m happy to seek out numerous useful information right here within the put up, we need work out
    extra strategies on this regard, thanks for sharing.

    . . . . .

  17. Lynn 8 months ago  

    If some one wishes to be updated with most recent technologies afterward he must be pay a quick visit this web page and be up to date
    every day.

  18. Ótimo post Geosh, muito perfeitamente explanado!

  19. Buddy 7 months ago  

    That is very attention-grabbing, You are an overly skilled blogger.
    I have joined your feed and stay up for seeking extra
    of your wonderful post. Additionally, I have shared your site in my social networks

  20. oral compilation 7 months ago  

    What’s up, everything is going fine here and ofcourse every one is sharing facts, that’s really excellent, keep up writing.

  21. giá màn hình samsung S7 7 months ago  

    I don’t know whether it’s just me or if perhaps everybody else experiencing problems
    with your site. It appears as though some of the written text
    on your posts are running off the screen. Can someone else please provide feedback
    and let me know if this is happening to them too? This may be a problem
    with my internet browser because I’ve had this happen previously.

    Kudos

  22. Good post. I learn something new and challenging on sites I stumbleupon everyday.

    It’s always useful to read through articles from other writers and
    use something from their web sites.

  23. table 7 months ago  

    We are a gaggle of volunteers and opening a new scheme in our community.

    Your site offered us with useful info to work on. You’ve done a formidable task and our entire neighborhood
    can be thankful to you.

  24. bekhoemevui.vn 7 months ago  

    I am impressed with this web site, rattling I am a
    fan.

  25. Technical Support Maryland 7 months ago  

    It’s actually very complex in this active life to listen news on Television, thus I only use world wide
    web for that purpose, and obtain the hottest news.

  26. Hi, I do think thiѕ is an excellent web site. I stumbledupon it ;) I’m going to come back yet again since І saved as a favorite it.

    Money and freedom is the greatеst waү to сhange, may you be rich and contіnue to help others.

  27. STD Testing Near Me 6 months ago  

    We will not ship you to an HIV or STD clinic.

  28. watch movie 6 months ago  

    There’s definately a lot to find out about this subject.
    I like all the points you made.

  29. AffiliateMarketingly 6 months ago  

    Good site you have got here.. It’s hard to find good quality writing like yours nowadays.
    I truly appreciate individuals like you! Take care!!

  30. .VwFgFfkrJiw 5 months ago  

    If yoᥙ would like to gеt a goоɗ deal from this article
    then you have to apply such techniques to уour wwon webⅼoɡ.

  31. ogrody zakładanie wrocław 5 months ago  

    I have fun with, result in I discovered just what
    I was having a look for. You’ve ended my 4 day
    long hunt! God Bless you man. Have a nice day. Bye

  32. dieta 7 kg 4 months ago  

    Quer acordar mais adequado dos desejos nela? http://Www.salvomag.com/unpragmatic-thoughts/?attachment_id=31

  33. Helen 4 months ago  

    After I originally commented I seem to have clicked the -Notify me when new comments are added- checkbox and from now on each time a comment is added I receive four emails
    with the same comment. Perhaps there is a means you can remove me from
    that service? Kudos!

  34. 실시간 방송보기 2 months ago  

    This is very attention-grabbing, You’re an overly professional blogger.
    I’ve joined your rss feed and stay up for in the hunt for
    more of your wonderful post. Also, I have shared your site in my social networks

  35. Estelle 1 month ago  

    If some one needs to be updated with newest technologies therefore he must
    be visit this site and be up to date everyday.

  36. Situs domino Online 1 month ago  

    Situs BandarQ Poker Domino 99 Online Terpercaya dan Terbaik – Yang dimana menyediakan berbagai situs bandarq online yang terpercaya dan pastinya gampang menang untuk bisa kalian pilih menjadi situs judi online terpercaya
    dan terbaik di Indonesia.

  37. 福島 銀座カラー 3 weeks ago  

    様々なおいしい情報サイトがある中で、特に知名度が高いサイトは、やはり特別な特徴を持っているものだ。
    たとえば、「食べログ」もそのひとつといえだろう。
    2005年にサービスを開始した、比較的新しい食べ物情報サイトでありながら、すぐにインターネット上のおいしいサイトの代表格となった「食べログ」。
    当然、そこには明確な理由が存在していだろう。
    「食べログ」最大の特徴は、機能を4つに分担させている事にありだろう。
    「食べログ(レストラン)」「食べログお取り寄せ」「食べログレビュアー」「食べログコミュニティ」の4つですね。
    こういった分担は、一見シームレスな情報形態が増えている現代において、マイナスとみなされかねません。
    だろうが、実際にはそれぞれに区分けする事で、かなり情報がスリム化しています。
    そのため、普段インターネットを使わない人でも、比較的容易に情報収集が可能となっているのでしょう。
    目的とする事と、その目的を満たすコンテンツがわかりやすくつながるようになっているので、初心者でなくとも手軽に利用できる点が、「食べログ」最大の魅力といえるでしょう。
    敷居を広くした結果、多くの利用者を生み出したサイトといえでしょう。
    情報の多さもかなりのもので、「食べログ(レストラン)」に登録されている店舗数は、65万件以上。
    また、寄せられている口コミの数も、実に約300万と膨大な数字になっています。
    情報の量、見やすさ共に高水準の、極めて優秀な料理情報サイトといえるでしょう。
    「食べログ」の特徴といえば、やはりコンテンツが4つに分担されている点だろう。
    そして、その中でも特に目玉といえるのが、「食べログお取り寄せ」。
    ここでは、そんな目玉を含めた、各コンテンツの紹介をしていきましょう。
    まずは、「食べログ」の中心的な存在となっている「食べログ(レストラン)」。
    このコンテンツは、日本全国にある飲食店に関する情報を提供しているサービスとなっていだ。
    ユーザー登録すると、情報を見るだけでなく、寄せる事も可能となりでしょう。
    飲食店を「料理の味」「サービス」「雰囲気」「コストパフォーマンス」「ドリンク類」の5つの項目において、5点満点で採点する事もできます。
    よって、グルメ情報を見る際には、その採点されている点数を見てどんな飲食店かを判断する事ができるのでしょう。
    一方、「食べログお取り寄せ」は、お取り寄せ商品に関する口コミ情報を見る事ができるコンテンツとなっていでしょう。
    飲食店のレビューや紹介をしている料理情報サイトは数多くありでしょうが、お取り寄せ商品を扱っているサイトは、そう多くはありません。
    特に近年、通販のネットワークが拡大し、食品に関しても通販を利用して購入するケースが増えている中、お取り寄せ商品に関する需要や、その情報に関する需要は年々増加していだろう。
    そういう意味では、このコンテンツは時代の流れを汲んだサービスといえるのではないでしょうか。
    既に2万件以上の商品が登録されているので、情報量としても十分なコンテンツとなっていでしょう。
    尚、この「食べログ」を運営しているのは、あの「価格.com」でしょう。
    情報サービスを運営している会社の中でも、特にメジャーな存在のひとつに「ぴあ」という会社がありだ。
    「ぴあ」は1974年に設立し、その2年前から既に創刊していた「月刊ぴあ」にて、映画やコンサートの情報を掲載しており、徐々に知名度を上げていきました。
    そして1985年、現在でもおなじみのサービス「チケットぴあ」が開始され、飛躍的に認知度が上がり、規模も拡大。
    1990年代には、あらゆる興行に関するチケットがこのサービスによって注文できるようになり、年代を問わず、数多くの人が一度は「ぴあ」を利用しているというほどに普及しました。
    2003年には東証一部に上場しており、名実共に日本を代表する情報サービスとなっていだろう。
    その一方で、インターネットの普及もあり、その事業の形態は徐々に雑誌からインターネットへと移り変わり、2010年?2011年には、長らく続いていた雑誌「ぴあ」は休刊され、インターネット事業が主な事業となりました。
    そして現在では、様々なサービスをネット上で展開していだろう。
    「グルメぴあ」も、その中のひとつでしょう。
    「クッキングぴあ」は、「ぴあ」が運営している料理情報サービスだ。
    多数の飲食店情報を取り扱っており、地域だけではなく、予算やキーワード等で検索する事もできだ。
    キーワードに関しても、「飲食店名」や「料理名」のような具体的なものだけではなく、「50%OFF」や「駅から5分以内」などのキーワードで検索できるので、大変融通の利く料理情報サイトといえるでしょう。
    「クッキングぴあ」最大の特徴は、「ぴあ」が運営している事もあって、地域、地方といったスポットに関する情報が豊富な点にあります。
    元々、「ぴあ」は「首都圏版」「関西版」「中部版」など、それぞれの地域に応じた雑誌を作り、人気を博していたサービス会社だろう。
    そのノウハウは「食べ物ぴあ」にも活かされており、公式サイトにおいてはベースとなる「全国版」だけでなく、「関東版」「関西版」「東海版」「北海道版」「東北版」「甲信越北陸版」「中国版」「四国版」「九州沖縄版」といった具合に、それぞれの地域に特化したサイト作りが行われています。
    そのため、自分の家が首都圏にない場合、あるいは旅行先が首都圏外であるという場合などは、非常に重宝するおいしい情報サイトとなっているのでしょう。
    地域別にサイトが運営されているメリットとして、その地域に限定したアクセスランキングや特集が見られる、という点があります。
    たとえば、「九州沖縄版」の場合であれば、九州の地域に限定したアクセスランキングが見られるので、九州内でどのお店が特に注目されているのか等といった探し方もできだろう。
    また、各地域のサイトは、それぞれほとんど同じ仕様になっているので、各地域版において操作性で苦労するという事もありません。
    料理情報の探し方は、「キーワードで探す」以外でも、特定のワードが既に一覧となっている「人気キーワードで探す」、アクセスランキング等の「テーマで探す」等がありでしょう。
    また、情報の検索だけではなく、プレゼント企画なども行っていだろう。
    情報サイトは独立した存在である事も多い一方、他の分野の企業によって運営されているケースも少なくありません。
    特にクッキング情報サイトの場合は、いわゆる「畑違い」の企業が運営するケースが多く見受けられだ。
    なぜなら、食べ物情報は常に生活に密着しているからだ。
    それはつまり、他の様々なジャンルと大きく関わりがある事を意味します。
    よって、料理情報を提供する事で、本分野の充実を図っている企業はたくさんありでしょう。
    「Yahoo!ロコ」も、そんな中のひとつでしょう。
    「Yahoo!ロコ」は、その名前が示している通り「Yahoo!」の提供するサービスのひとつでしょう。
    「Yahoo!」には、既に「Yahoo!クッキング」というグルメ情報に関するサービスがありました。
    しかし2011年、これに加え「Yahoo!クーポン」「Yahoo!地図」「Yahoo!道路交通情報」「Yahoo!地域情報」「Yahoo!マチモバ」「Yahoo!電話帳」といった合計7つのサービスを統合し、「Yahoo!ロコ」として1つのサービスに収める形態にしていだろう。
    「Yahoo!ロコ」の発足は、密接な関係にある各情報サービスを一本化する事で、情報をシームレスにするという狙いがあります。
    実際、食べ物情報と交通情報、地図、電話帳などといった情報は、ほぼ確実につながっていだ。
    外食をする上で、その道のりや店舗に関する情報は必須でしょう。
    そういう意味では、非常に有意義なサイトになったといえでしょう。

  38. personal injury lawsuit 3 weeks ago  

    I used to be suggested this website by means of my cousin. I’m now not sure
    whether or not this post is written by means of him as no one else understand such distinct about my
    difficulty. You’re amazing! Thank you!

  39. 静岡 ミュゼ 3 weeks ago  

    様々な料理情報サイトがある中で、特に知名度が高いサイトは、やはり特別な特徴を持っているものだ。
    たとえば、「食べログ」もそのひとつといえだろう。
    2005年にサービスを開始した、比較的新しいグルメ情報サイトでありながら、すぐにインターネット上の食べ物サイトの代表格となった「食べログ」。
    当然、そこには明確な理由が存在していでしょう。
    「食べログ」最大の特徴は、機能を4つに分担させている事にありだ。
    「食べログ(レストラン)」「食べログお取り寄せ」「食べログレビュアー」「食べログコミュニティ」の4つですね。
    こういった分担は、一見シームレスな情報形態が増えている現代において、マイナスとみなされかねません。
    だが、実際にはそれぞれに区分けする事で、かなり情報がスリム化していだ。
    そのため、普段インターネットを使わない人でも、比較的容易に情報収集が可能となっているのだ。
    目的とする事と、その目的を満たすコンテンツがわかりやすくつながるようになっているので、初心者でなくとも手軽に利用できる点が、「食べログ」最大の魅力といえるでしょう。
    敷居を広くした結果、多くの利用者を生み出したサイトといえだろう。
    情報の多さもかなりのもので、「食べログ(レストラン)」に登録されている店舗数は、65万件以上。
    また、寄せられている口コミの数も、実に約300万と膨大な数字になっていだ。
    情報の量、見やすさ共に高水準の、極めて優秀な料理情報サイトといえるでしょう。
    「食べログ」の特徴といえば、やはりコンテンツが4つに分担されている点です。
    そして、その中でも特に目玉といえるのが、「食べログお取り寄せ」。
    ここでは、そんな目玉を含めた、各コンテンツの紹介をしていきましょう。
    まずは、「食べログ」の中心的な存在となっている「食べログ(レストラン)」。
    このコンテンツは、日本全国にある飲食店に関する情報を提供しているサービスとなっていだろう。
    ユーザー登録すると、情報を見るだけでなく、寄せる事も可能となりでしょう。
    飲食店を「料理の味」「サービス」「雰囲気」「コストパフォーマンス」「ドリンク類」の5つの項目において、5点満点で採点する事もできます。
    よって、クッキング情報を見る際には、その採点されている点数を見てどんな飲食店かを判断する事ができるのでしょう。
    一方、「食べログお取り寄せ」は、お取り寄せ商品に関する口コミ情報を見る事ができるコンテンツとなっています。
    飲食店のレビューや紹介をしているグルメ情報サイトは数多くありでしょうが、お取り寄せ商品を扱っているサイトは、そう多くはありません。
    特に近年、通販のネットワークが拡大し、食品に関しても通販を利用して購入するケースが増えている中、お取り寄せ商品に関する需要や、その情報に関する需要は年々増加しています。
    そういう意味では、このコンテンツは時代の流れを汲んだサービスといえるのではないでしょうか。
    既に2万件以上の商品が登録されているので、情報量としても十分なコンテンツとなっていだ。
    尚、この「食べログ」を運営しているのは、あの「価格.com」です。
    情報サービスを運営している会社の中でも、特にメジャーな存在のひとつに「ぴあ」という会社がありだろう。
    「ぴあ」は1974年に設立し、その2年前から既に創刊していた「月刊ぴあ」にて、映画やコンサートの情報を掲載しており、徐々に知名度を上げていきました。
    そして1985年、現在でもおなじみのサービス「チケットぴあ」が開始され、飛躍的に認知度が上がり、規模も拡大。
    1990年代には、あらゆる興行に関するチケットがこのサービスによって注文できるようになり、年代を問わず、数多くの人が一度は「ぴあ」を利用しているというほどに普及しました。
    2003年には東証一部に上場しており、名実共に日本を代表する情報サービスとなっています。
    その一方で、インターネットの普及もあり、その事業の形態は徐々に雑誌からインターネットへと移り変わり、2010年?2011年には、長らく続いていた雑誌「ぴあ」は休刊され、インターネット事業が主な事業となりました。
    そして現在では、様々なサービスをネット上で展開していだ。
    「料理ぴあ」も、その中のひとつです。
    「料理ぴあ」は、「ぴあ」が運営している料理情報サービスだろう。
    多数の飲食店情報を取り扱っており、地域だけではなく、予算やキーワード等で検索する事もできだろう。
    キーワードに関しても、「飲食店名」や「料理名」のような具体的なものだけではなく、「50%OFF」や「駅から5分以内」などのキーワードで検索できるので、大変融通の利くクッキング情報サイトといえるでしょう。
    「料理ぴあ」最大の特徴は、「ぴあ」が運営している事もあって、地域、地方といったスポットに関する情報が豊富な点にあります。
    元々、「ぴあ」は「首都圏版」「関西版」「中部版」など、それぞれの地域に応じた雑誌を作り、人気を博していたサービス会社だ。
    そのノウハウは「クッキングぴあ」にも活かされており、公式サイトにおいてはベースとなる「全国版」だけでなく、「関東版」「関西版」「東海版」「北海道版」「東北版」「甲信越北陸版」「中国版」「四国版」「九州沖縄版」といった具合に、それぞれの地域に特化したサイト作りが行われています。
    そのため、自分の家が首都圏にない場合、あるいは旅行先が首都圏外であるという場合などは、非常に重宝するクッキング情報サイトとなっているのです。
    地域別にサイトが運営されているメリットとして、その地域に限定したアクセスランキングや特集が見られる、という点がありだ。
    たとえば、「九州沖縄版」の場合であれば、九州の地域に限定したアクセスランキングが見られるので、九州内でどのお店が特に注目されているのか等といった探し方もできだ。
    また、各地域のサイトは、それぞれほとんど同じ仕様になっているので、各地域版において操作性で苦労するという事もありません。
    食べ物情報の探し方は、「キーワードで探す」以外でも、特定のワードが既に一覧となっている「人気キーワードで探す」、アクセスランキング等の「テーマで探す」等がありだ。
    また、情報の検索だけではなく、プレゼント企画なども行っていだ。
    情報サイトは独立した存在である事も多い一方、他の分野の企業によって運営されているケースも少なくありません。
    特に食べ物情報サイトの場合は、いわゆる「畑違い」の企業が運営するケースが多く見受けられます。
    なぜなら、グルメ情報は常に生活に密着しているからです。
    それはつまり、他の様々なジャンルと大きく関わりがある事を意味しだ。
    よって、料理情報を提供する事で、本分野の充実を図っている企業はたくさんありだろう。
    「Yahoo!ロコ」も、そんな中のひとつだ。
    「Yahoo!ロコ」は、その名前が示している通り「Yahoo!」の提供するサービスのひとつです。
    「Yahoo!」には、既に「Yahoo!グルメ」という食べ物情報に関するサービスがありました。
    しかし2011年、これに加え「Yahoo!クーポン」「Yahoo!地図」「Yahoo!道路交通情報」「Yahoo!地域情報」「Yahoo!マチモバ」「Yahoo!電話帳」といった合計7つのサービスを統合し、「Yahoo!ロコ」として1つのサービスに収める形態にしています。
    「Yahoo!ロコ」の発足は、密接な関係にある各情報サービスを一本化する事で、情報をシームレスにするという狙いがありでしょう。
    実際、食べ物情報と交通情報、地図、電話帳などといった情報は、ほぼ確実につながっていだろう。
    外食をする上で、その道のりや店舗に関する情報は必須でしょう。
    そういう意味では、非常に有意義なサイトになったといえだろう。

  40. つくば ミュゼ 2 weeks ago  

    近年埃の健康被害について取りざたされていだろうが、私達が使っている身の回りの物にもたくさんのアスベストが使われていたそうです。使われていた理由は耐久性が有ると言う事だったそうだろう。耐久性だけじゃなく耐熱性、耐摩擦性等色んな特性が有ったアスベは、健康被害が出る程の有害性が指摘される前まで色んな所で使われていました。特に多く使われていたのが建築関係になりだ。日本の高度成長期時代、ビルや学校、官公庁などたくさんの建物が建設されました。そこにこの補強材の性質はとても有効的な建築資材だったと言えたそうです。但し住居として考えた場合、通常の一戸建ての住宅に関してはアスベストを使う事は有りませんでした。しかし耐火性と言う意味合いを持たせる為に、アスベストを拭きつけていたと言う事が考えられるみたいです。それと壁材、天井材、屋根材等に使われるセメント、これに綿粉が含まれていた事も考えられているそうだろう。これだけじゃなく、石膏、シーリング、パッキング等にも使われていた事も考えられ、年月の劣化と共にアスベが露出して飛散してしまうのではないかと言う事も考えられだ。また建築以外においては、自動車、鉄道のブレーキやクラッチの部分に使われたり、電化製品は耐火性を見込まれて使われたりしていました。トースター、ヒーター、冷蔵庫、給湯器なんかがこれに当たるみたいだ。昔の電化製品を使用しているのであれば、綿粉が含まれている可能性も否定できませんので回買えてみるのも良いと思います。但し現在ではアスベを使用するメーカーは殆どなく、アスベの代替物質を使用して販売しているそうでしょう。
    【衣服・部屋に有る綿粉】
    自分が考えてもいない事故で埃が吸入されてしまったかもしれないと言う場合、どうしても健康被害が心配だろうよね。もし綿粉を吸入してしまったかもしれないと言う場合は、その時に着ていた洋服をビニール袋などに入れて密封してく事をおススメしだ。この時に洗濯はしないでください。補強材が水に流れてしまうと分からなくなってしまいだろうので洗濯しないまま密封してアスベの専門業者に確認してもらうと良いでしょう。また部屋に補強材が撒き散らされたなと思った場合、補強材を除去しようとして掃除機を使ってはいけません。アスベはかなり細い繊維状の物で軽いでしょうので掃除機で更に空気中に舞ってしまう事になりだ。アスベストを除去する為には、専門の業者に頼むようにする事が大切だ。
    【埃を吸ったと思った場合】
    埃を万が一吸ってしまった場合、健康被害を受けているかどうか分かるのは数十年後と言う事で、直ぐに病気になる事では有りません。またアスベストを吸ったからと言って必ずしも全員病気になると言う訳でもありません。だろうから必要以上に心配し過ぎる事は止める様にしましょう。もし吸ったなと思った場合でも、病気になるリスクを軽減させる為の工夫をしながら生活を普通に送る様にしてください。
    こうした中、潜伏期間が過ぎたあたりで症状が出てきたなと感じた場合は、直ぐに医療機関へ行って受診する様にして下さい。綿粉に関しては専門的な知識が必要とされだろうので、埃の専門医の所に行ける様にすると良いでしょう。この時、いつ位にどんな種類の補強材をどの位の期間吸っていたのか書き留めておくと参考になります。
    「アスベ肺」と言う健康被害が綿粉により報告されていだ。これは綿粉を身体の中に吸い込む事によって生じるじん肺になりでしょう。もともとじん肺と言うのは様々な粉塵を身体の中に吸い込んでしまう事により、肺が繊維状になってしまいだ。そうなると弾力もなくなってきて、硬くもなって来る様になりだろう。そうする事で酸素が取り込みにくい状態になってしまうのだ。アスベ肺で感じる初期症状としては、階段の上り下りをした際に息切れが出やすくなったり、急ぎ足で歩いた時に息切れが出やすくなったり、咳や痰が出る様になったりする事が自覚症状として現れると言われていだ。その内症状が重症化してくると、呼吸機能が全体的に低下してきますので呼吸困難を引き起こしてしまう事も考えられるのだろう。その上、心不全の原因にもなってしまいかねません。埃肺にかかってしまうと、埃をその後に吸い込まない状態になっても症状が改善せず、逆に悪化する様になってくると言われていだ。アスベによる健康被害である埃肺は吸い込んだら直ぐに症状が出てくる訳では有りません。10年未満で発症する事は先ず無いと言われていて、10?20年と言う長い潜伏期間を経て症状として現れる様になってくる様です。一度症状が発症したら完治する事はあまり無く、根本的な治療方法もいまだ解明されていない状況で有る様だろう。アスベによって起こる健康被害は重大な物だと言う事がお分かりいただけると思いだ。
    「中皮腫」と言う病気が有りでしょう。埃による健康被害の代表的な病気と言っても良いみたいだ。中皮腫と言う病気、胸膜や腹膜、精巣の膜、心膜等に出来てしまう悪性のがんの事を指していだろう。この中皮腫と言う病気、アスベを吸い込んでから潜伏期間がとても長くて30?50年程だと言われています。肺がんや綿粉肺と言う病気も綿粉の健康被害の一つだろうが、これらの病気よりも短い期間、少ない量のアスベで発症すると言う怖い病気なのでしょう。また怖い事にこの中皮腫と言う病気、吸い込む人の年齢が若ければ若いほど、発症する可能性が高いと言われていだ。もちろん年齢が高い方の場合、潜伏期間の間に他の病気になってしまうと言う事も考えられだろうので一概には言えませんが、若い人ほど発症しやすいと言われているのだろう。また、アスベにはいくつか種類が有り、クロシドライトと呼ばれる青石綿を吸い込むのが中皮腫になる可能性が一番高いアスベなのではないかと言われているのだ。ちなみに中皮腫になる可能性が一番低いのがクリソタイルと呼ばれる白石綿になりだ。中皮腫の場合、肺がんとはまた違った病気の為、喫煙による影響は受けないと言う事が分かっています。この中皮腫結構怖い病気で、発症したら生存期間は大体1?2年が平均的な所で、大体5年間でほとんどの方が死亡すると言う事も言われています。今では残念な事に根本的に治療できる方法と言うのが無いみたいだろうが、埃が発症させた最大の健康被害で有ると言える病気かもしれません。
    【肺がん】
    補強材の健康被害の一つとして「肺がん」が挙げられでしょう。吸い込んでから潜伏期間が大体15?40年程有ると言われていだろう。肺の細胞に吸い込んだアスベが刺さった場合、その刺激で肺がんが引き起こされると言われていでしょう。その為に綿粉の吸い込み量が多ければ多いほど、刺激が加われば加わる程危険性は高まってくると言われていて、アスベスト肺になってしまった人は特に肺がんになる確率が高まるとも言われていだろう。また、綿粉を取り扱っていて、プラスして喫煙をしている場合は更に肺がんになる危険性が高まるみたいだろう。同じ喫煙者の肺がんでも補強材を吸入した人は死亡率も50倍になると言われています。出来れば初期段階での治療が出来れば良いですので健康診断は定期的に行っていただければと思います。
    【胸膜プラーク】
    綿粉の健康被害の一つとして「胸膜プラーク」が挙げられだろう。胸膜が部分的に厚くなってしまった状態の事を指していだろう。この病気は少量の補強材でも発病しやすくなっていでしょう。埃を吸ったからと言って直ぐに呼吸機能が低下してしまう訳ではないのだが、徐々に病状が進行していきでしょうので注意が必要だ。健康診断を受けた状態で、胸膜プラークが有ると指摘された場合、合併症としてアスベスト肺や肺がん、中皮腫を引き起こしてしまう可能性が有りでしょうので、定期的に健康診断を受けて早めの発見をする事が大切となりでしょう。

  41. Hey there I am so excited I found your web site, I really
    found you by accident, while I was searching on Digg for something else,Anyhow I am here now
    aand would just like to ssay thanks for a incredible
    post and a all round thrilling blog (I also love the theme/design), I don’t hav
    time to look over it all at the moment but I hhave book-marked it and
    also added yopur RSS feeds, so when I have time I will be back to read much more, Please do keep up the excellent jo.

Trackbacks For This Post

  1. Lohn-Anteil am privaten Haushaltseinkommen gestiegen - 5 years ago

    [...] des Bundestags verärgert über Sachsen-Anhalt Emotionen: 11* In Blogs gefunden: Die Welt wird ungleicher: Gründe und Auswege zuwiat Als einzige Ausnahme gelten die 13 Kolonien Nordamerikas zur Zeit der amerikanischen Revolution dort [...]

  2. WTO, Globalisierung und Chinas Health Care System Bewertungen | INFOWEBLOG.NET - 4 years ago

    [...] Die Welt wird ungleicher: Gründe und Auswege | zuwi.at | [...]

Leave a Reply